見た目をケアすることは、
がん患者の心を応援すること。

what we can do

私たちにできること

  • 病気や抗がん剤治療による見た目の変化に困っている方々が、前向きに明るく人生を送るお手伝いを、確かな技術でご提供することをお約束致します。

  • 病気だけでなく、見た目の変化に悩む患者様が、安心して相談できるよう日々努力しています。

  • 各分野の専門家に協力いただきながら、誰もが自信を持って前を向き、明るい心で活躍できるようにサポート致します。

がんと闘っている全ての方へ。

医療と美容のプロが開発した医療ウイッグ、
髪や頭皮など気になる外観ケアのこと。
なんでも気軽に相談できる美容室、
それがFOR ACサロンです。

flow

ウィッグ作成までの流れ

  • 01カウンセリング

    毛髪が抜けるなどの外見の変化は不安に感じるのが普通です。
    その不安との向き合い方を一緒に考え二人三脚で専任のスタイリストがサポートします。

  • 02個室対応

    ウィッグの試着、カットを個室で施術させていただきます。
    プライバシーが守られる個室で、なんでも気軽にご相談いただけます。

  • 03ウィッグコーディネート

    ウイッグを選ぶ時に一番大切なことは、「自分に似合う」デザインかどうかです。

    今の自分の髪型と同じものを選ぶ必要もありません。今の髪型以上に自分が素敵になる。
    そんなご提案をさせていただきます。

  • 04スタイリング

    ウィッグと合わせた自毛カット、メンテナンスやアドバイスなど、
    美容の経験豊富なスタッフが丁寧に対応致します。

after that

ウィッグ作成以降

  • 髪質調整再生毛サポート

    support

    再⽣期から⽣え始める髪質を診断し元の髪質に戻せるように美容師がご提案します。

    それぞれのお客様の頭皮や髪の特性に合わせてカットやストレートパーマなどの施術をしていきます。

  • 地肌ケア

    skincare

    脱⽑後は敏感肌・頭⽪対策をしっかり行います。

    地⽑の発⽑、育⽑に備えて頭⽪環境を整えていくために、発⽑期には⽑⽳をしっかり開かせるためのケアを⾏います。

  • 医療プロセスと合わせて

    process

    抗がん剤などの医療プロセスを考慮したケアアプローチを専門家の指示を仰ぎながら⾏います。

美容師として私たちができること

今までの私達は病気を患ったお客様のお話を、ただ聞いてあげることしか出来ず、その度にいつも無力感を感じていました。私達は医師ではないので、病気を治してあげる事はできません。

しかし、抗がん剤の治療段階でおこる、外見の変化による患者さんのストレスや不安を、美容のプロの視点と技術を活かし、最善の方法でケアし、素敵な笑顔にする事はできます。
我々の技術が、ひとりでも多くの治療に役立ち、患者さんの心のストレスを緩和できることが出来たらこんなにうれしいことはありません。

これからも、多くの見た目に悩む方々が、おしゃれに、自信を持って日々を過ごせる力になれるよう、技術と研究、そして追求を重ねていきたいと思います。

etc

AC のエトセトラ

東京大学医学部附属病院 がん相談支援センター

我が国のがん対策として、全国どこに居住していても適切ながん医療を受けられるように「がん診療連携拠点病院」が設置されました。東大病院は地域がん診療連携拠点病院に指定され、がん患者さんおよびご家族あるいは地域住民のがんに関する相談事を聞き、適切な部門や施設へ誘導できるよう「がん相談支援センター」を平成20年度に開設しました。

東大病院分田先生プロフィールサイト

ウイッグお渡しまでの流れ

お客様のご希望に沿った最善のウィッグをご提案いたします。

カウンセリング

個室でお客さまのご希望を伺うとともに、実際にウィッグを手にとって、髪質や素材の質感をご自身でお確かめください。

ウイッグのカット&セット

ウィッグを決めてご注文いただいたら、お客様に合わせてカットとセットを行います。当店は完全個室なので、誰にも邪魔されることはありません。小さなことでもご相談いただいて、ゆっくりとお客様だけのウィッグを作り上げます。

治療の経過

使用感などを元に調整や加工を行います。 その後も定期的にアフターサービスを行います。 理美容室と同じ感覚でお気軽にご利用ください。

ご相談・お問い合わせはこちらから
お問合せ
ご相談やご質問、お問合せはフォームよりお気軽にお問合せください
CONTACT FORM
お電話でのお問い合わせは
076-216-5567